2017年3月3日金曜日

美大卒業後はどうなるの?美大進学→卒業→就職のインタビュー

こんにちは。岡山の美大受験予備校ボックスです。

美大進学の時に少し考えてしまうのが、
「美大入っても仕事があるの?」
という声はよくおうかがいします。
ボックス卒業生の
そこで、
美大予備校卒業 → 美術大学進学 → 卒業 → めでたく就職!
という先輩方にインタビューを行いました。


まずは、ボックス5期生のお二人にお願いをしました。
このお二人は、
 岡山(つまり地方)の普通科高校から現役合格を果たした
 進学先は
  武蔵野美術大学工芸工業デザイン科
  武蔵野美術大学情報デザイン学科
 就職はどちらも大手
 なのに就職活動の取り組み方が全然違う!
という、これから美大進学を検討している人、この春決まった人だけでなく
これから就職活動をする人(!)にも参考になることいっぱいのお答えを
たくさんの後輩の前でしてくださいました。


受験前(だいたい高校2年生)くらいからの様子や、
受験にあたって、大学での活動など、美術大学ではない一般大学の学生さんや保護者さんが読んでも面白い内容になっています。

ぜひぜひ読んでくださいね。



【お二人の経歴】
ボックスネーム:トトロ(以下;と)
岡山県立倉敷南高校卒業
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科テキスタイルコース卒業
現在は自動車シートメーカーと老舗インテリアテキスタイルメーカーが共同出資して作った会社のテキスタイルデザイナーとして勤務。

ボックスネーム:メイト(以下;メ)
岡山県立大安寺高等学校卒業
武蔵野美術大学情報デザイン学科
現在は大手インターネット関連サービスの提供を行う企業に勤務


インタビューはこちら → 卒業生インタビュー




2016年12月13日火曜日

岡山県立大学デザイン学部推薦合格100%を達成しました

こんにちは。

寒くなってきました。
今日、岡山では久々の雨です。

さて各大学で行われた推薦試験の発表もほぼ一段落ですね。
ボックスではも以下のような結果になっています。

岡山県立大学/造形デザイン──2名(合格率100%達成!)
岡山県立大学/デザイン工学──2名(合格率100%達成!)
沖縄県立大学/工芸──1名 金沢美術工芸大学/芸術──1名 武蔵野美術大学/基礎デ──1名 武蔵野美術大学/空デ──1名 京都造形プロダクト──1名 京都精華デザイン学部──1名



成安造形大学メディアデザイン──1名
 (推薦試験受験者12名の結果)


それぞれの大学に向けてみなさん奮闘してくれましたが、
なんといっても県立大学推薦試験100%合格は快挙です。


金沢美術工芸大学の推薦枠にも合格です。

成安造形大学には、なんと特待生合格でした。


でもボックスの生徒は、合格を勝ち取ったからといって遊んだりしていないのがすごいと思います。
みんな毎日やってきて、今度は入学に向けた準備をこつこつ真面目にやっています。
(もちろん合格後の授業は無料です。)


美大受験を検討していらっしゃる方、
現在冬ゼミの募集も始まっています。

お早めにどうぞ。

合格奮闘記はこちらからどうぞ。
 ↓
http://box.akubi.net/index.html



2016年3月29日火曜日

鈴木美智さんのガラス講座について

ボックスのパリ校で毎年訪問をさせていただいている鈴木美智さんが岡山に来てくださいます。

アーティストトークとガラス制作のデモンストレーションを予定しています。参加の方には、紅茶とお菓子のおもてなし付き。(美智さんがパリからのお土産として持って来てくださるようです(^^)/)
美智さんが指導してくださるガラスの体験講座もあります。


パリの楽しいトークと美味しくて楽しいおしゃべりのお茶会です。この機会にぜひ。

日時:4月6日(水)A.午後2時〜 B.午後4時〜
場所:ボックスフォーデザイナーズ
    岡山市表町1−4−64上之町ビル2階


*体験講座は事前のお申し込み(参加費3500円)が必要です。
*アーティストトークとデモンストレーションは無料です。





2016年1月20日水曜日

美術大学受験の実技と学科の配点について

全国的に冷え込んだようですが
雪の影響などはいかがでしたでしょうか?

ボックスでは高校2年生を対象に美術大学受験説明会を行っています。

参加してくださる生徒さんの中で一番驚かれるのが、
受験の際の学科と実技の配点についてです。

一般大学の中にあるデザイン学部・コースだけでなく、
美大の中でも実は学科の配点は高く、
しかも最近ますますその傾向が高まってきています。

主な大学の配点をご紹介しますね。
*この配点は2016年1月のものです。
また学科・コースごとの受験の方法
 センター方式かどうか
 実技を学科に置き換える場合
 英語にリスニングを入れるか
などによって違っていますのであくまでも今年の例として参考にしてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーー
学科と実技の配点について
                   学科    実技
 筑波大学芸術専門学群        700点   700点
 金沢美術工芸大学デザイン      600点   1400点
 岡山県立大学造形デザイン      500点   500点
       デザイン工学      400点   200点

 武蔵野美術大学
  工デ・視デ・基礎デのセンター方式 200点   200点
            一般方式   200点   300点
 多摩美術大学
  視デ・プロダクトのセンター方式  200点   200点
            一般方式   200点   300点

ーーーーーーーーーーーー


大学も良い生徒を確保するため、
試験の傾向や配点の比率などをどんどん変更してきています。

最近では昨年の岡山県立大学デザイン工学が実技配点を
それまでの400点から半分の200点に変更しました。

そのため例年だと2倍ほどの倍率が6.7倍にまで跳ね上がり
試験は大混戦となりました。

そんな状況に対応する術は
「学科と実技の両方を対策する」
しかありません。

ちなみに6.7倍の倍率に対し、ボックス生は受験生全員が合格するという快挙でした。
ボックスには学習塾が併設されています。しっかり対策していきましょう。

受験説明会を開催しています。日程などはお問い合わせくださいね。
メールの場合は
 box2 あっとまーく akubi.net (あっとまーくを@に変更してください)まで。


今日紹介する写真は、アトリエで作成した衣装を近くの公園で撮影しているときのもの。
このあとモデルさんに着せて画像処理をして大きなパネルにプリントアウト。
大きな作品となりました。

作った衣装を外で撮影しています。



2016年1月13日水曜日

ボックス生はアップル社製品を割引価格で購入することができます。

ボックスに在籍する生徒さんとその保護者さんは、
Macなどを安く買うことができるというお知らせです。




 デザインの仕事をする上では欠かせない存在となってきたパソコンですが、
デザインを教える大学でもパソコンを使った授業が行われます。


大学への入学時には、入学者全員にパソコンの購入が(ほぼ)義務づけられることも多いです。

大学やコースによっては1年次の前期から、
アップル社のパソコンと、アドビのソフトを持っている、
しかもある程度は使いこなせることが前提で授業がすすめられる場合もあったりします。

もちろんざっくりとかいつまんだ説明などはあるのですが、
どちらかというと授業で使いながら覚えてね、的な進み方をするので
入学してから慌てないよう、ボックスでは進路が決まり次第
各コース別のアドバイスを行い、時間が許す限りパソコンやソフトの使い方も教えています。




さてそのパソコンの購入についてですが、アップル社では、
アップルオンキャンパス対象校に進学・在籍する生徒さん、そのご両親、
教育機関の教職員の方々などを対象に
学生・教職員割引を行っています。


ボックスに在籍する生徒さんおよび
そのご両親で新しいMacやiPadの購入を検討される方には、
専用IDとパスワードを作成しますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。


今すぐお買い求めにはなられないかもしれませんが、
お子さんの進級進学時、お買い替えの時などにはいちどご検討ください。
(セール時になどはまたこのブログでもお知らせします。)


(ちなみに....。この制度を生徒さんがご利用になっても、
ボックスは一切のマージンをいただいておりません。念のため。)